サステナビリティ・CSR  


イシダは、『三方良し』の企業理念に沿って、SDGsに示されている持続可能な社会の実現をめざす企業としての姿勢を明確にし、事業のみならず様々な社会貢献活動に取り組む企業でありたいと考えています。

sdgs
SDGs(持続可能な開発目標)

2015年に国連サミットで採択された2030年までに持続可能でより良い世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

環境貢献型製品の開発

ムダをなくす高精度なハカリに礎を置く、環境貢献型の技術・製品開発をめざして

高精度なハカリはムダを削減します。そう考えれば、イシダの基盤がすでに環境貢献型といえるでしょう。この計量技術という礎の上に立ち、さらなる環境貢献をめざした要素技術や製品の研究開発を進めています。また製品アセスメントを導入し、生産時・使用時・使用後に製品が環境に与える負荷の削減にも取り組んでいます。

env_product

※ntp ノントレー包装機 

トレーを使わず、フィルムのみで包装。プラスチックごみの減量に貢献します。

※IR5832 電子棚札

紙棚札や従来の電子棚札の商品シールの内容をすべてディスプレイに表示。品名シールが不要となり、ラベル運用コストをゼロにできます。またペーパレスとなるため、CO2の削減に寄与します。

CCW 組み合わせ計量機

機能を常に進化させ、作業効率を高めることによって省エネを実現。たゆまぬ技術革新の努力で環境保全に貢献します。

※less-printer 台紙レスラベル

文字量やイメージに応じて、適切なサイズでラベルをカット。台紙部分のゴミが発生しないため、廃棄物削減を実現します。

 

廃棄物の削減

グリーン調達や廃棄物削減を徹底、サーマルリサイクルは100%実現

全社一丸となった真摯なエコアクションを起こし、身近なところから地球環境への負荷を低減しています。資材・原料の調達時には、環境負荷の低いものから優先的に選択するグリーン調達を実施。また、工場・事務所内から出る廃棄物の削減にも努め、紙屑・ビニール類のサーマルリサイクルは100%を実現しています。

waste-reduction

地域社会の発展に向けて sdg_icon_04_ja_2 sdg_icon_10_ja_3 sdg_icon_11_ja_2 sdg_icon_16_ja_2

滋賀県小学生クイズ大会
クイズを通じて地域学習を深める

びわ湖放送制作のもと、滋賀県小学生クイズ王選手権「ロザンのシガQ」を開催しています。滋賀県在住の小学生50組100名の子どもたちが参加、イシダ滋賀事業所では予選会を開催しています。

quiz

滋賀県小学生剣道大会
スポーツを通じて子ども達の健やかな成長を応援

滋賀県の小学生を対象とした2つの剣道大会を主催しています。
・全日本都道府県対抗少年剣道優勝大会滋賀県予選会
・びわこ少年剣道練成大会

kendo

「はかり」絵画展
子ども達の豊かな感性を伸ばすために

滋賀県は「はかり」の生産台数が日本一です。普段何気なく使っている「はかり」の大切さを改めて感じてほしいとの想いを込めて、授業で「はかり」について学習する小学3年生以上を対象(栗東市、草津市、守山市、野洲市)に、絵画展を開催しています。

picture

プログラミング教室
子ども達の論理的思考力を育むために

プログラミング教育必修化に伴い、イシダ滋賀事業所が所在する栗東市の小学生を対象に、プログラミングワークショップを開催しています。

programming

環境出前授業
子ども達の高い環境意識を育成するために

これからの社会を担っていく子どもたちに、地球環境の大切さを知ってほしいという想いから、NPOや教育委員会などとのコラボレーションで環境出前授業を実施しています。

school_visit

エコフォスター活動
ボランティア活動など身近な環境負荷の低減を実施

地域の方々に喜ばれ、地域とともに成長する企業でありたいと考えるイシダでは、滋賀事業所周辺の清掃美化などを行う『イシダエコフォスター活動』を実施しています。

eco_foster