物流  

イシダの『エンジニアリング力』が物流システムを最適化

リードタイム短縮、少量多品種の出荷、出荷精度アップといった売り手側からの高度な要求と、人手不足、生産性向上など物流に関する課題は、さまざまで多種にわたっているのが現状です。イシダは店舗別の仕分けに関して、長年に渡り蓄積してきたノウハウを活用し、最適なレイアウトや運用、機器のご提案を行います。この『エンジニアリング力』こそが、イシダの大きな特徴です。

在庫型物流センター

在庫型の物流センターでは、デジタルピッキングシステムや、コア技術である計量技術を活用した重量検品カートにより、現場の出荷間違いを防止します。

詳しく見る
3020-10_saimarucart

通過型物流センター

通過型の物流センターでは、入荷検品から、仕分け作業、個口数の確定までの一貫したオペレーションとシステムを提供します。独自のデジタルシステムでは、3アイテムを同時に仕分けることができる「さいまるソート」シリーズを提供することで、仕分け作業の効率化に貢献します。

詳しく見る
3020-10-1


ウェイトチェッカー DACS-GN
ウェイトチェッカー DACS-GN

フェイルセーフを搭載した汎用タイプです。

詳しく見る

ハイクラス組み合せ計量機 CCW-RV
ハイクラス組み合せ計量機 CCW-RV

最も速く、最も強く、最もスマートな組み合せ計量機です。

詳しく見る

自動計量包装値付機 WM-AI
自動計量包装値付機 WM-AI

主に鮮魚・精肉向けのスタンダードタイプです。

詳しく見る