座談会④「小売」編

座談会 Theme01

小売り分野でのイシダの関わりを教えてください。小売り分野でのイシダの関わりを教えてください。

U.Kさん

ESLシステム部
ESLシステム1課

U.Kさん

U.K私は主に電子棚札システムの営業を担当しているのですが、最近はスーパーマーケットで取り扱う商品の種類が増え続けていることや、消費税の変更もあって電子棚札需要の高まりを感じています。製品の仕様についてはお客様に応じたオーダーメイドとなり、ヒアリングはとても重要な仕事になります。

K.I実際に電子棚札を扱うのは店舗のパートの方など現場の方になるのですが、ITに精通していない方も多く、ソフトウェア開発を担当する立場としてはいかにお客様が使い易いソフトを開発できるかというのも重要な課題です。

U.K大手スーパーマーケットでは店舗の管理システムを一元化する事が多いので、一度導入が決まると、全国の店舗にも同様のシステムが入ることになります。そのため、システム検証から納品からその操作方法まで考えなければならないのでとても大変ですが、その分やりがいが持てる仕事にもなります。

T.M電子棚札だけに限らず、イシダはお客様に応じたオーダーメイド品がほとんどになります。そうなると使い方もお客様に応じて提案しなければなりません。私の仕事は、お客様に操作方法をレクチャーしたり操作設定をする仕事なので仕様も覚えなければいけないですし、コミュニケーションも大事になります。

座談会 Theme02

仕事において他の部署とはどの様に関わっていますか?仕事において他の部署とはどの様に関わっていますか?

K.Iさん

ESL技術部
ESL技術開発2課

K.Iさん

社員がかたる

T.Mさん

広域流通システム部
西日本流通システム課

T.Mさん

社員がかたる

T.M私の場合は特に、製品の操作方法をマスターしなければならないので営業とはよく一緒に打ち合わせをしますし、お客様の現場へも一緒に行きますね。

U.Kイシダには「現場に行く・現物を見る・現実を知る」という「三現主義」の行動規範があります。現場に問題解決のヒントがありますし「百聞は一見に然ず、一見は一動に然ず」ですから、現場は特に重要視しています。

K.I製品が導入された後でも、SE、カスタマーエンジニア、コールセンターといった保守担当の協力が不可欠です。技術としてお客様の要望を実現することはもちろん大切ですが、 それだけでなく保守・サポートも念頭においた開発を心がけるようにしています。現場を知り尽くした方々の意見を聞き、開発に盛り込むことで、保守の品質がより高まるように努めています。

T.M製品が店舗に無事に収まって、稼働して、使用されて…、それをプライベートでイシダ製品が入っている店舗を見かけると、少しだけ誇らしく思いますね。

U.KそういえばテレビCMで電子棚札を題材にしたものが放映されたことがあって、普段、中々一般の方に認知されにくいイシダ製品がテレビに映し出されると思わず見入ってしまいますね。

T.Mお客様にとってイシダは有名なので、現場で「イシダさん、CM見たよ」と話題にされることもあります。

U.Kさん、K.Iさん、T.Mさんどうもありがとうございました。

(所属は取材当時のものです)

ほかにもまだある座談会

  • 座談会1「産地」編座談会1「産地」編
  • 座談会2「食品製造加工場」編座談会2「食品製造加工場」編
  • 座談会3「物流」編座談会3「物流」編
  • 座談会4「小売」編座談会4「小売」編
  • 座談会5「スタッフの仕事」編座談会5「スタッフの仕事」編
  • 座談会6「医療・医薬プロジェクト」編座談会6「医療・医薬プロジェクト」編