アニサキス検査装置 i-Spector

アニサキスを光らせ目視で発見・排除をサポート!

日本では、寿司や刺身などの魚介類を生食する習慣があるため、アニサキス(魚類の寄生虫)による消化器疾患が多く発生しています。しかしながら、アニサキスを肉眼で発見するのは非常に難しいのが現状です。
イシダのi-Spectorなら、さまざまな魚種に潜むアニサキスを光らせ、目視での発見や排除をサポートします。また、検査方法もシンプルであるため、生の魚介類を提供する多くの業種や店舗でかんたんに導入できます。

お問合せ

アニサキスを光らせ目視で発見・排除をサポート!

日本では、寿司や刺身などの魚介類を生食する習慣があるため、アニサキス(魚類の寄生虫)による消化器疾患が多く発生しています。しかしながら、アニサキスを肉眼で発見するのは非常に難しいのが現状です。
イシダのi-Spectorなら、さまざまな魚種に潜むアニサキスを光らせ、目視での発見や排除をサポートします。また、検査方法もシンプルであるため、生の魚介類を提供する多くの業種や店舗でかんたんに導入できます。

お問合せ

製品詳細
 

ボックスに入れ光に当てるだけで簡単に寄生虫を発見

検査方法は非常に簡単です。店頭などで魚をおろして検査装置本体に入れると、アニサキスだけが光るので、
ピンセットで排除してください。検査することで食中毒を予防し、お客さまに
「安全・安心」な食を提供できます。

i-spector1

i-spector2

i-spector3

多様な業種で利用可能

簡単に検査できるので、専門知識がなくても寄生虫の混入を予防し食の「安全・安心」を手に入れることが可能です。
流通小売店のバックヤードはもちろん、寿司店や鮮魚店、海鮮居酒屋など、生の魚介類を提供するさまざまな業種や店舗で導入メリットがあります。

※検査装置はスリムタイプもあります

京都大学との連携で生まれた特許技術を活用

京都大学との産学連携により、アニサキスだけが光る波長領域を研究開発しました(特許出願中)。
アニサキスのみを光らせることで、加工時の見落としを軽減します。

 

 

 

仕様

アニサキス検査装置  i-Spector 仕様書

図面

アニサキス検査装置  i-Spector 図面

カタログ等

Speech bubble icon

お気軽にお問い合わせください

担当営業より詳しいご説明を差し上げます

お問合せ

or

お近くの営業所・販売代理店までご連絡ください。





該当する項目がありません

該当する項目がありません